<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日本の伝統を継承していくひとつの方法 | main | カーサメモリア ニューデザインのお知らせ >>
「こだわり」のあるデザインを目指して
デザインを考える上でいつも心がけている事があります。それは「こだわり」を持つ事です。

そのためには時間的なゆとり、心のゆとりが必要です。「ゆとり」を持つ事が丁寧な仕事につながり、結果的にこだわりのある良いデザインにつながっていると感じるからです。逆に、時間に追われ「ゆとり」を持てないと、こだわりも中途半端、出来た物も中途半端になってしまいます。

しかし、こだわりが強くなればなるほど効率は落ちてしまいます。残念ながらこだわりと効率は反比例してしまいます。時間に限りがある以上、良いモノを作りたいと思う反面、極端に効率も落とせないのが苦しいところ・・・。こだわりと効率の関係はモノづくりをする上での永遠のテーマです。